家庭用脱毛器効果なし悪評失敗

家庭用脱毛器で失敗?「効果なし!」買ってはいけない脱毛器

効果なし!買ってはいけない失敗脱毛器のまとめ

効果がない脱毛器は残念ながらあります。

 

私達が使った脱毛器の中にも、
実際に「肌荒れした」脱毛器がありました。

 

綺麗になりたいのに肌トラブルが起きたら元も子もありません(>д<)

 

そんな購入後のトラブルを防ぐために、
買ってはいけない脱毛器をまとめてみました♪

 

3大!買ってはいけない脱毛器です

 

@肌トラブルを起こす痛い脱毛器

 

A照射面積が狭い脱毛器

 

Bカートリッジ寿命が短い脱毛器

 

それぞれ「なぜダメな脱毛器なのか?」まとめました♪脱毛器購入前の方は要チェックです!

 

 

【購入失敗@】肌トラブルを起こす脱毛器

正直さまざまな脱毛器が登場していますが、
どの脱毛器も「この脱毛器は痛くありません!」と宣伝していますよね?
そんなことはありません!
事実痛い脱毛器はたくさん存在します(>д<)

 

「痛みが強い脱毛器」は「肌へのダメージが大きい」ということなので肌トラブルを起こしやすい脱毛器でもあります。
特に注意が必要なのが、レーザータイプの脱毛器です(´д`lll)

 

レーザー脱毛はフラッシュ脱毛に比べて、激しい痛みを伴う脱毛器が多いです。

 

痛いレーザー脱毛器の代表格としてよく上げられるのが、家庭用脱毛器トリアアイエピ、です。

 

トリアはレーザーを搭載した脱毛器で、医療用に使われる光を、
家庭で利用可能な段階にまで威力を下げています。
もともと強力なものなので肌への痛みは大きくなってしまいます(>д<)
さらにトリアは光が肌に当たる面積が異常に小さい(照射面積が狭い)ので、照射するのに時間が掛かります。
つまり痛みに耐える時間も長くなってしまうんですね。。

 

「私は昔から相当肌が強い!」と自信がある人以外はフラッシュ脱毛を選んだ方が良いですね♪

↓↓↓

@レーザー脱毛器は痛いです!!
肌がかなり強い人を除いては、「トリア」「アイエピ」の購入は注意が必要です(>_<)
逆に「痛くない!」「肌に優し」脱毛器の代表格はケノンですね♪

 

 

【購入失敗A】照射面積(光が肌にあたる面積)が狭い脱毛器

【失敗@】でも出て来ましたが、照射面積が小さい脱毛器は買ってはいけない脱毛器です。
初めての人もいると思うのでまずは照射面積の説明から♪

 

これは脱毛器ケノンの照射面積です。
2.0×3.5なので、、7ですね。

 

今発売している脱毛器の中で、ケノンが一番照射面積は広いです♪♪

 

では照射面積が狭い脱毛器はどれくらい小さいのか??

 

 

↓ケノンとその他の脱毛器の照射面積↓

 

「トリア小っさーーー!」

 

みなさんも叫んでしまいますよね?
では何で照射面積が小さいとダメなのか?

【ダメ@】狭いと1回で照射できる範囲が狭いので、同じ面積を照射するのにも何倍も時間が掛かってしまいます。
【ダメA】円形なので照射漏れしやしく、脱毛にムラができてしまいます。

 

逆に言えば、照射できる範囲が広ければ、一回で照射できる範囲が広く、短い時間で終わらせられます。
また、ムラのない脱毛も可能になります。
脱毛器の購入を考えている人は、照射できる範囲が広い脱毛器を中心に調べてください(*′∇`)

↓↓↓

A照射範囲が狭い脱毛器はダメ!
トリア」は照射にメチャクチャ時間掛かるし、ムラができちゃう(´д`lll)
現在、発売されている脱毛器の中で一番照射面積が広いのは「ケノン」ですよ〜

 

 

【購入失敗B】本体は激安でも、消耗品が高い脱毛器

家庭用脱毛器は基本的に、購入時の付属カートリッジだけでは全身の脱毛はできません。(最新の脱毛器イーモリジュやケノンは初回カートリッジのみで全身の脱毛が可能です)

 

カートリッジって何?という方のために↓
※カートリッジ参考(下記のようにカートリッジを本体に装着して照射する。)

 

カートリッジは消耗品で、寿命があり、寿命がくれば買い換えが必要になります。
つまり、カートリッジの寿命が短いと、全身脱毛するまでに何回もカートリッジを買い換える必要があります。

 

本体自体が高い脱毛器より、本体が激安な脱毛器の方が、カートリッジ代を含めると高額な出費が必要な脱毛器もたくさんあります。

 

脱毛器を選ぶうえでカートリッジなどのコストパフォーマンスはとても重要です!

 

ということでコストパフォーマンス早見表です☆↓↓

脱毛器(種類) カートリッジの価格と寿命 概要
ケノン(ke-non)

価格:7700円
寿命:50000発

1発 約0,15円
ラヴィ(lavie)

価格:8600円
寿命:20000発

1発 約0,43円
イーモリジュ

価格:8400円
寿命:18000発

1発 約0,46円
トリア

価格:19950円
寿命:1700発

1発 約11,7円
センスエピ

価格:5250円
寿命:750発

1発 約7円

 

上記を見ていただければわかりますが、
「ケノン」「イーモリジュ」「ラヴィ(LAVIE)」以外は論外ですね・・・(◎`ε´◎ )
ちなみに永続的な全身脱毛をするには3000発が必要と言われています!が・・・
私達3人の経験上3,000発では絶対無理です!

 

どんなに毛が薄い人でも10,000発は必要です。

 

人それぞれ毛の固さ太さ濃さは違うので、
欲を言えば20,000発といったところでしょう!

 

ちなみに剛毛で毛が濃い私が「完全に全身脱毛を終える」のには26,000発消費しました…( ̄ー ̄;

 

話を戻すと、20,000発以下のものは、ほぼ確実に交換が必要になってきます。
なのでセンスエピトリアは必ず交換が必要です。

 

ちなみに脱毛器トリアは、カートリッジ交換ではなく充電バッテリーです。
バッテリーの寿命が来ると、本体ごと交換することになっています。
そして金額が約2万円 !!!
本体が59800なので、交換代金と合わせたら・・・約8万円です。

 

あれ?

 

結局8万円払うなら最新の脱毛器「ケノン」買えるんですけど・・・
もちろんケノンは最新なので、機能はトリアと比べものになりません。
しかも、ケノンなら初めの付属カートリッジのみで38000発!
トリアは交換したって、1700×2=3400発。。。。oh・・・・

 

お話になりません!

 

でもトリアも多少は売れてるようです。。。
トリアを購入された方は本体価格の安さに目がいってしまい、バッテリー交換費用を見落としたんでしょう。
この記事を読んでくれれば(。・ε・。)

 

 

センスエピは・・何回交換しなきゃいけないんだよ!!
全身脱毛には、12000発必要なので、最初の750発を抜いて、11250発分は交換しなきゃいけないですね。
11250発は750発のカートリッジ15個分(>_<)

 

センスエピのカートリッジ1つ5250円なので
15個×5250円は・・・えーと、78750円。

 

 

・・

 

・・・

 

ありえないですね。
センスエピの購入金額が39,800円なので、追加のカートリッジ代を含めると、
118550円掛かります。

 

ケノン買っておつりきます。(。`Д´。)チーン

 

本体価格に騙されず、全身脱毛に必要な消耗品などを含めた、合計金額で比較して購入を検討した方が良いですね♪

↓↓↓

Bカートリッジ寿命が短い脱毛器には注意!

 

照射回数の寿命が少ないカートリッジは、交換代が掛かります。
本体価格だけに騙されず、カートリッジ交換費用を含めた総額で脱毛器を選んだ方が良いです♪
「ケノン」「イーモリジュ」「ラヴィ」以外は論外です(‘・ω・´)

 

結論

失敗しない脱毛器の選び方

 

痛みが強い脱毛器、肌へのダメージが強い脱毛器は避ける!

照射面積が狭い脱毛器は避ける!

本体の値段だけでなく、消耗品を含めたトータル費用で選ぶ!

 

脱毛3姉妹では、上記の「失敗しない脱毛器選び」にもとづいて、3種類の脱毛器をピックアップ!実際に購入して脱毛してみました(・∀・)
その3種類の中で私たちが自信を持ってオススメするのは「ケノン」です。

 

>>ケノンの体験レポートはこちら【脱毛経過のリアル写真】

 

→家庭用脱毛器「ケノン」公式ショップ

 

※「ケノン-改良版」が新登場!
98,000円 ⇒ 74,800円 ⇒ 72,800円


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ ケノン体験レポート(ワキ) ケノン体験レポート(すね) ケノン体験レポート(腕)